かんぽ生命(郵便局)の学資保険を解約したら475,627円損してた(*/□\*)うわぁ~ん)

お金を守るチカラ

メニュー

はじめに

資産を増やすのに一番手っ取り早いのが月々の支出を減らすことですよね、いわゆる固定費といわれるものですが、実際に見直して実践した結果をみなさんにお知らせしたいと思います。(パパの体験談です)

かんぽ生命保険(旧郵便局)の「学資保険」に加入していました

学資保険は子供が生まれたと同時に親族に勧められて加入しました。『とりあえず、郵便局の学資保険に入っておけば大丈夫』と言われ、言うがまま保障内容も何も考えず2つも加入していました。これが悲劇のはじまりだったとは思いもしませんでした。そして、改めて契約内容を見て愕然としました。
『契約①』
死亡保険:200万円
満期保険金額:160万円
生存保険金:20万円
病気による入院保険金:3千円
傷害による入院保険金:3千円
(5日以上入院したとき、ただし入院の初日から4日間は対象外です)←これは使えませね
保険期間18年×1年が12ヶ月=216ヶ月
①10,060円×216ヶ月=2,172,960円(18年間の保険料支払予定額)
②満期保険金額:1,600,000円+生存保険金200,000円=1,800,000円
2,172,960円①-1,800,000円②=トータルマイナス372,960円(A)
『契約②』
死亡保険:160万円
満期保険金額:200万円
病気による入院保険金:3千円
傷害による入院保険金:3千円
保険期間18年×1年が12ヶ月=216ヶ月
①9,800円×216ヶ月=2,116,800円(18年間の保険料支払予定額)
②満期保険金額2,000,000円
2,116,800円①-2,000,000円②=トータルマイナス116,800円(B)
マイナス372,960円(A)+マイナス116,800円(B)=マイナス489,760円(コツコツためても損してるんですね、悔しいです)

学資保険は必要ない?必要?

結論から言うと、これだけ損して保険内容もあまり良くない、はっきり言ってパパは必要ないと思います。
理由は下の『学資保険を解約しても大丈夫?』のとおりです。

学資保険を解約しても大丈夫?

みなさん『学資保険』はどのような時のために加入していますか。多分、子供の万が一に備えて、または、将来かかる教育資金の積み立てのためだと思います。
しかし、よく考えてみて下さい、子供の万が一に備えるのであれば、掛け捨ての医療保険や生命保険に入れば良くて、教育資金を積み立てるためなら、保険会社にお金を支払うより、自分で少しずつ貯蓄して備えた方がお金を保険会社に拘束されることなく必要な時に必要なだけ使うことができること気付いてしまいました。ということでパパは学資保険を解約しました。

解約したら払戻金が戻ってきた!!

解約手続きは非常に簡単で『かんぽ生命の窓口』に行って解約したいと伝え、身分証明書(免許証)を提示して、解約書類にサインとハンコを押して約30分くらいで手続きが完了しました。
なお、2つの学資保険は積み立て型なので、合計2,685,433円の払戻金が戻ってきましたが・・・
しかし、実際は加入している間の支払総額は
『契約①』173ヶ月×10,060円=1,740,380円
『契約②』142ヶ月×9,800円=1,391,600円
1,740,380円+1,391,600円=支払総額3,131,946円になり、
払戻金合計2,685,433円ー支払総額3,131,946円=マイナス446,547円になり、これを見れば普通に貯蓄しておけば良かったと後悔しています。

まとめ

  1. 学資保険を解約し、月々の支払(10,060円+9,800円)×12ヶ月=年間238,320円を節約することができました。(この節約は大きいですね。)
  2. 学資保険は解約しても大丈夫ですが、その代わり、万が一に備えて貯蓄する必要がある。
  3. 普通に貯蓄しておけば、3,131,946円なのに、保険に加入したことでマイナス446,547円になってしまった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました