【解説】Adobe Premiere Proで編集した動画の書き出し方法と無料でDVDに高画質で焼く方法【保存版】パート3

Premiere Proハック

はじめに

前回は、DVD Flickをダウンロードして、タイトルのプロパティ設定が完了したところまで出来ましたので、今回はその続きで実際にDVDに無料で焼く方法をお伝えしたいと思います。

そこで、この記事では

✅ Adobe Premiere Proで編集した動画データの書き出し方法

✅ 動画データを無料フリーソフトを使って、お金をかけずにDVDに焼く方法

✅ 完成までの工程(今回は5番目の中盤からになりますね)

    1. Adobe Premiere Proで動画を編集する
    2. 完成した動画をDVDに最適な形式で書き出しする
    3. 通常の動画をYouTubeにアップする場合のおすすめ書き出し設定
    4. 動画をDVDに焼くため、フリーソフトをダウンロードする
    5. 書き出した動画をDVDに焼く
    6. 作成するDVDの基本設定
    7. DVDプレイヤーで再生して動作確認する

について、

Adobe Premiere Proをはじめて1ヶ月くらいの超初心者向けに分かりやすく写真を入れながら解説したいと思います。

この情報はネットを検索しても情報が多すぎて、どれを選んで良いのか分かりにくいと思いますので、もう一度見れるようにブックマーク・お気に入りすると便利ですよ。

作成するDVDの基本設定

「プロジェクト設定」ボタンをクリックします。

「プロジェクト設定」画面が表示されます。

「タイトル」に、DVDの名前を入力します。なお、ここに入力した名前は、メニュー画面に表示されます。

「ターゲットサイズ」で、出力するDVDのサイズを指定します。通常のDVDであれば「DVD(4.3 GB)」を選択すればOK です。
「カスタムサイズ」で、DVDの任意のサイズを指定できます。

「エンコード優先順位」は、通常「Normal」でOKです。

 

「ビデオ設定」を選択します。

「ターゲットフォーマット」は、日本のテレビ信号方式の「NTSC」でOKです。

「エンコード品質」は、「Normal」でOKです。

「オーディオ設定」を選択します。

通常はこのままでOKです。

「再生設定」を選択します。

通常はこのままでOKです。

「書込設定」を選択します。

「プロジェクトをディスクに書き込む」にチェックを入れます。

「ディスクラベル」にディスクの名前を入力します。

「ドライブ」でDVDを焼くドライブを選択します。

 

「参照」をクリックし、DVD データの出力先フォルダを指定します。

そして、最後に「DVD 作成」をクリックします!!

「警告!」が表示されるが、「はい」でOKです。

通常このダイアログは「はい」で OK です。エンコード終了後に空のDVDディスクに書き込まれます。

*作業状態(プロジェクトファイル)を保存する場合は、「いいえ」をクリック してから「プロジェクトを保存」をクリックします。

まとめ

みなさん、無事にDVDを焼くことが出来ましたか?

これからもみなさんの役に立つ記事を書いていきたいと思います、最後までありがとうございました。

 

デジハリ・オンラインスクール|Web、CG、映像、プログラミングの通信講座の申込

 

焼き損じに備えてDVDメディアはコスパ最強のこれがおすすめです!

DVDを焼く速度が遅い場合はハードを最新にすることでスピードアップできます!

プレミアプロの動作が重い遅い場合はハイスペックノートパソコンがおすすめですね、効率アップ!

プレミアプロの動作を速くするにはメモリ増設は効果的なのでおすすめです!

ハードディスクをSSDにするだけですべてが爆速になるのでおすすめです!
詳しい内容は下の記事をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました