NFT

【解説】NFT初心者がOpenSea(オープンシー)のCollection(コレクション)を作成する方法「保存版」

はじめに

小学校3年生の男の子がつくったピクセルアートが、約80万円の価格で取引されているニュースを見て初めてNFTアートというものを知りました。

そこで、小学生ができたならパパもできるのではないかと安易な考えでNFTアートを始めようと思いチャレンジしていたら、OpenSea(オープンシー)のCollection(コレクション)を作成するところで行き詰まり悩んでいましたが、

そんな困難を乗り越えて、NFT初心者のパパでも、ついにOpenSea(オープンシー)のCollection(コレクション)を作成することができました。

そこで、この記事では

✅ NFT初心者がOpenSea(オープンシー)のCollection(コレクション)を作成する方法が分かります。

また、この記事は

NFTアートには興味があり、OpenSea(オープンシー)のCollection(コレクション)を作成したいけどやり方が分からなくて困っている人向けに、簡単で分かりやすく実際の画像なども取り入れながら解説したいと思います。

OpenSea(オープンシー)の情報はネットを検索しても情報が多すぎて、どれを選んで良いのか分かりにくいと思いますので、もう一度見れるようにブックマーク・お気に入りにすると便利ですよ。

OpenSea(オープンシー)とは何ですか?

ところで今更なんですが、Opensea(オープンシー)ってなに?

OpenSeaは世界最大規模のNFTマーケットプレイス(NFT市場)で、多くのユーザーが参加していて、曲やイラスト、ゲームのアイテムなどの購入・出品ができるんだよ。

暗号資産(仮想通貨)の口座(ウォレット)を開設する【NFTに必須!】

いきなり、暗号資産(仮想通貨)の口座(ウォレット)を開設?

あやしい~、こわい~と思いますよね、でも、ご安心ください。

その理由は、NFTアートは基本的に暗号資産(仮想通貨)のイーサリアム通貨で取引されているため、口座(ウォレット)を開設する必要があります。

とりあえず口座(ウォレット)を作らないと始まらないので、早めに開設しておきましょう。

なお、口座開設は日本最大級のASP A8.net に無料会員登録してからがお得です!なぜなら、A8.net に登録するとセルフバック(自己アフィリエイト)で

✅ 【bitFlyer】なら、新規口座開設完了で5000円もらえる
(最短即日口座開設)

✅ 【GMOコイン】なら、新規口座開設完了で2000円もらえる
(最短10分で口座開設)

✅ 【DMM Bitcoin】なら、新規口座開設完了で2000円もらえる
(最短1時間で口座開設)

口座開設(ウォレット)は無料なので、もし、3つ口座開設するだけで、合計9000円がセルフバックでもらえちゃいます!

\ ASPサイト日本でNo.1 /
A8.netの無料会員登録へ

OpenSea(オープンシー)のCollection(コレクション)を作成する手順「NFT出品前に必須です!」

1)OpenSea(オープンシー)のトップページの「①のプロフィールアイコン」→「②のMy Collection」を選択します。
2)Create your collection 画面(コレクションを作成する)の
①ロゴの画像を選択
 (この画像はナビゲーションにも使用されます。サイズは350 x350を推奨。)
②注目の画像を選択
 (この画像は、OpenSeaのホームページ、カテゴリページ、またはその他のプロモーションエリアでコレクションを紹介するために使用されます。サイズは600 x400を推奨。)
③バナー画像を選択
 (この画像は、コレクションページの上部に表示されます。デバイスによってサイズが変わるため、このバナー画像にテキストを入れすぎないようにしてください。サイズは1400 x400を推奨。)

3)Create your collection 画面(コレクションを作成する)の

①「Name」コレクションの名前を入力(適当で大丈夫です)

②「URL」コレクションのURLを編集できますが、通常は初期設定のままで大丈夫です。

③「Description」コレクションの説明文を英語で入力(適当で大丈夫です)

④「Category」カテゴリーを選択(とりあえず、Art アートを選択で大丈夫です)

⑤「Links」自分のサイトやSNSがあればリンク「URL」を入力(未記入でもOK)

4)Create your collection 画面(コレクションを作成する)の

①「Royalties」ロイヤリティ(使用料)を0~10%の範囲で入力(適当で大丈夫です)

(Royalties「使用料」は、ユーザーが最初に作成したアイテムを再販売するときに料金を徴収します。これは最終販売価格から差し引かれ、選択した支払い先住所に毎月支払われます。)

②「Blockchain」ブロックチェーンを選択(通常は初期設定のイーサリアムのままで大丈夫)

③「Payment tokens」支払い通貨を選択(通常は初期設定のイーサリアムのままで大丈夫)

④「Display theme」テーマ表示を選択(通常は初期設定のままで大丈夫)

⑤「create 作成」決定を選択

5)これで「collection コレクション」を作成することができました。

コレクション作成が完了したら、NFTアートを出品してみましょう。

まとめ

[affi id=75]  [affi id=75]

ABOUT ME
けーぱぱ
40代アラフォーの平凡なパパです。2020年1月から老後資金を貯めるために投資・節約・ブログをはじめた、雑記ブログなのでよろしくお願いします。