NFT

【解説】初心者でもNFTアートを出品無料で最短1日で始めれる方法「完全保存版」

はじめに

最近、小学校3年生の子どもが夏休みの自由研究でつくったピクセルアートが、約80万円の価格で取引されているニュースを見て初めてNFTアートというものを知りました。

そこで、小学校3年生の子どもができたならパパもできるのではないかと安易な考えでNFTアートの始め方を検索してみました。

ところがNFTアートの始め方を検索して思ったんですが、専門用語が飛び交っており「非常に分かりずらい」(汗)

そのうえ、NFT世界最大のマーケット(opensea オープンシー)の登録画面が英語でさらに意味わからん?

そんな困難を乗り越えて、初心者のパパでも、ついにNFTアートをはじめることができました。

そこで、この記事では

✅ 初心者でもNFTアートを出品無料で最短1日で始めれる方法が分かります。

また、この記事は

NFTアートには興味があるけどよく分からない、NFTやってみたいけどやり方が分からなくて困っている人向けに、簡単で分かりやすく実際の画像なども取り入れながら解説したいと思います。

NFTの情報はネットを検索しても情報が多すぎて、どれを選んで良いのか分かりにくいと思いますので、もう一度見れるようにブックマーク・お気に入りにすると便利ですよ。

今更なんですが、NFTアートとは何ですか?

✅ 結論 「 NFTアートとは、唯一無二のデジタル作品 」
NFTアートは唯一無二のデジタル作品と言われてもいまいち、ピンときませんよね
そこで簡単にいうと以前のデジタル作品は、例えば写真・楽曲・ゲームソフトなどはダウンロード・コピーしてみんなで共有(シェア)するもので、ダウンロードしたものやコピーした物の所有者を特定することができませんでした。
しかし、現在はNFT技術を使うことで、デジタル作品に所有者の証明(ハンコのようなもの)を残すことができるようになり、「所有者を特定する」ことができるようになりました。
NFT技術でできることポイント2つ
✅ デジタル作品に所有者の証明を残すことができる
✅ 以前の所有者を追跡できる
また、デジタル作品を転売したときに以前の所有者も追跡できるので、それにより、デジタル作品をいつ誰が所有していたか分かるようになりました。
ようするに、これは個人で唯一無二のデジタル作品を所有できる時代に入ったということになりますね。

とにかく、デジタル作品を所有できるようになったとそれだけ覚えればOKです。

NFTアートを最短1日で始められる手順

✅ 暗号資産(仮想通貨)のウォレットを開設する
✅ MetaMask(メタマスク)のウォレットを開設する
✅ Opensea(オープンシー)のアカウントを登録をする
✅ Opensea(オープンシー)にNFTアートを出品する
すべて無料で開設・登録・出品できますのでご安心ください。

この手順なら最短1日で簡単にNFTアートを無料で出品することができますので、頑張ってくださいね!

暗号資産(仮想通貨)の口座(ウォレット)を開設する

いきなり、暗号資産(仮想通貨)の口座(ウォレット)を開設?

あやしい~、こわい~と思いますよね、でも、ご安心ください。

その理由は、NFTアートは基本的に暗号資産(仮想通貨)のイーサリアム通貨で取引されているため、口座(ウォレット)を開設する必要があります。

とりあえず口座(ウォレット)を作らないと始まらないので、早めに開設しておきましょう。

なお、口座開設は日本最大級のASP A8.net に無料会員登録してからがお得です!なぜなら、A8.net に登録するとセルフバック(自己アフィリエイト)で

✅ 【bitFlyer】なら、新規口座開設完了で5000円もらえる
(最短即日口座開設)

✅ 【GMOコイン】なら、新規口座開設完了で2000円もらえる
(最短10分で口座開設)

✅ 【DMM Bitcoin】なら、新規口座開設完了で2000円もらえる
(最短1時間で口座開設)

口座開設(ウォレット)は無料なので、もし、3つ口座開設するだけで、合計9000円がセルフバックでもらえちゃいます!

\ ASPサイト日本でNo.1 /
A8.netの無料会員登録へ

暗号資産(仮想通貨)の口座(ウォレット)を開設したら、次はMetaMask(メタマスク)のウォレットを開設しましょう。

MetaMask(メタマスク)のウォレットを開設する

MetaMask(メタマスク)とはなんですか?

また、先ほど暗号資産(仮想通貨)の口座(ウォレット)を開設したのに、MetaMask(メタマスク)のウォレットの開設も必要なの?

まず、MetaMask(メタマスク)とは、イーサリアム系の暗号資産(仮想通貨)のWEB上にあるウォレット(口座)のことです。

MetaMask(メタマスク)は、Opensea(オープンシー)などのNFT市場と連携してサービスの決済をメタマスクを通じて実行しているため、開設が必要になります。

MetaMask(メタマスク)のウォレットの開設手順

✅ MetaMaskを導入するために、ブラウザはGoogleChromeかFireFoxを使います。

今回はChrome(クローム)起動させて、chrome ウェブストアでMetaMask(メタマスク)の機能拡張をダウンロードします。

MetaMaskの機能拡張をダウンロード

1)MetaMask(メタマスク)のダウンロード画面から、「Download now」を選択する

2)「Install MetaMask for Chrome」を選択する

3)「Chrome(クローム)に追加」を選択する

4)「拡張機能を追加」を選択する
5)「開始」を選択する
6)「ウォレットの作成」を選択する
7)「同意します」を選択する
8)新しいパスワードを作成 → 使用条件を✅ → 「作成」を選択する
9)「次へ」を選択する
10)「秘密のバックアップフレーズ」を紙に書いておく → 「次へ」を選択する
注:秘密のバックアップフレーズは絶対に公開しないでくださいね、もし、悪用されるとウォレットを乗っ取られてしまいます(汗)
11)「秘密のバックアップフレーズ」を完成させる → 「確認」を選択する
秘密のバックアップフレーズを下の青いボタンから選んで正しい文を作成してください。
12)「すべて完了」を選択する
よかったですね、おめでとうございます!テストに合格したので、秘密のバックアップフレーズを安全に保管しておきましょう。
13)「×」を選択してとじる
なお、もしモバイルアプリをダウンロードしたい場合は、QRコードをスキャンしてください、必要なければ「×」を選択してください。
14)この画面が出たらMetaMask(メタマスク)のウォレット開設完了です。
この記事のとおりにやれば、以外と簡単にMetaMask(メタマスク)のウォレットを作ることができましたね!
次はOpenSea(オープンシー)とMetaMask(メタマスク)を連携させましょう。

OpenSea(オープンシー)とは何ですか?

ところで今更なんですが、Opensea(オープンシー)ってなに?

OpenSeaは世界最大規模のNFTマーケットプレイス(NFT市場)で、多くのユーザーが参加していて、曲やイラスト、ゲームのアイテムなどの購入・出品ができるんだよ。

なんので、とりあえず、OpenSea(オープンシー)にアカウント登録すればOKです。

そのためには、OpenSea(オープンシー)とMetaMask(メタマスク)を連携させる必要があるので、その方法について解説していきます。

OpenSea(オープンシー)のアカウントを登録する手順

1)OpenSea(オープンシー)の公式サイトへいきます。(登録は無料です!

OpenSea(オープンシー)公式サイト

そして、赤い矢印の「My wallet(マイウォレット)」を選択します。

2)MetaMask(メタマスク)を選択します。

3)MetaMask(メタマスク)のパスワードを入力し、ロック解除を選択します。

4)MetaMask(メタマスク)のアカウントを✅して、「次へ」を選択します。
5)MetaMask(メタマスク)の「接続」を選択します。
6)MetaMask(メタマスク)に署名を要求されるので、「署名」を選択します。
7)OpenSea(オープンシー)の「My wallet(マイウォレット)」が表示されるとOpenSea(オープンシー)とMetaMask(メタマスク)の連携が成功です。
8)OpenSea(オープンシー)のサイト画面の
①のプロフィールを選択
②のユーザーネームを入力(ユーザーネームは好きな名前で大丈夫です)
③のメールアドレスを入力(あとで確認メールが送られてくるので、本人がちゃんと受け取れるメールアドレスを入力してくださいね。)
④の「Save」を選択します。
9)OpenSea(オープンシー)から先ほど入力したメールアドレスに確認メールが届いているので「VERIFY MY EMAIL」を選択します。
10)OpenSea(オープンシー)のメールを確認しましたの画面が表示されます。
11)OpenSea(オープンシー)のプロフィールを見ると、パパ「Kpapa」のアカウント画面が表示されました。これで、OpenSea(オープンシー)のアカウント登録が完了しました。
12)OpenSea(オープンシー)のプロフィール画面から、アイコンや背景も変更できるのでお試しくださいね。
続いては、OpenSea(オープンシー)にNFTアートを無料で出品してみましょう。

OpenSea(オープンシー)に完全無料でNFTアートを出品する

1)OpenSea(オープンシー)のトップページの「①Resources」→「②Gas Free Marketplace」を選択します。

2)Gas Free Marketplaceページの「Stort creating」を選択します。
3)Create new item(新しいアイテムを作成する)ページの
①に出品する、
②に出品する物の名前を入力(適当で大丈夫です)
③に出品する物の説明サイトがあればURLを入力
④に出品する物の説明文を入力(英語ですが適当でOK)
(なお、出品する物のサポートされているファイルタイプは、JPG、PNG、GIF、SVG、MP4、WEBM、MP3、WAV、OGG、GLB、GLTFで、最大サイズ:100 MBまで
4)Create new item(新しいアイテムを作成する)ページの
①にCollection(コレクション)を選択
(コレクションを作成していないとリスト表示されないので作っていない人はこちらの記事で簡単に解説しています。)
②に出品する物の数量を入力(初回は数量1を変更できません、2回目から変更可能)
③にPolygon(ポリゴン)を選択(初期設定がPolygonなのでそのままでOK)
5)Create new item(新しいアイテムを作成する)ページの最後に「Create」を選択
6)「You created」このような画面が表示されると成功です、出品する物が「NFT化」できたことになります。
ただ、この段階ではまだ出品する物を「NFT化してオープンシーに登録した段階」なので、売りには出ていない状態です。
7)「sell 売る」を選択
8)List item for saleページの
①Price で値段を決める(イーサリアム通貨の数量)
②Duration で販売期間を決める(初期設定では6ヵ月なのでそのままでいいと思います)
③Complete listing で最終決定する
9)Complete listing画面の「Unlock アンロック」を選択
(初回に出品するときだけで、2回目からは「Unlock アンロック」表示されません)
10)MetaMask(メタマスク)の署名の要求で「署名」を選択
12)Complete your listing画面の「Sign」を選択
13)MetaMask(メタマスク)の署名の要求で「署名」を選択
14)「Your NFT is listed!」画面が表示されると出品成功です。
15)OpenSea(オープンシー)に、完全無料でNFTアートを無事に出品できましたね。

OpenSea(オープンシー)のCollection(コレクション)を作成する「NFT出品前に必須です!」

1)OpenSea(オープンシー)のトップページの「①のプロフィールアイコン」→「②のMy Collection」を選択します。
2)Create your collection 画面(コレクションを作成する)の
①ロゴの画像を選択
 (この画像はナビゲーションにも使用されます。サイズは350 x350を推奨。)
②注目の画像を選択
 (この画像は、OpenSeaのホームページ、カテゴリページ、またはその他のプロモーションエリアでコレクションを紹介するために使用されます。サイズは600 x400を推奨。)
③バナー画像を選択
 (この画像は、コレクションページの上部に表示されます。デバイスによってサイズが変わるため、このバナー画像にテキストを入れすぎないようにしてください。サイズは1400 x400を推奨。)

3)Create your collection 画面(コレクションを作成する)の

①「Name」コレクションの名前を入力(適当で大丈夫です)

②「URL」コレクションのURLを編集できますが、通常は初期設定のままで大丈夫です。

③「Description」コレクションの説明文を英語で入力(適当で大丈夫です)

④「Category」カテゴリーを選択(とりあえず、Art アートを選択で大丈夫です)

⑤「Links」自分のサイトやSNSがあればリンク「URL」を入力(未記入でもOK)

4)Create your collection 画面(コレクションを作成する)の

①「Royalties」ロイヤリティ(使用料)を0~10%の範囲で入力(適当で大丈夫です)

(Royalties「使用料」は、ユーザーが最初に作成したアイテムを再販売するときに料金を徴収します。これは最終販売価格から差し引かれ、選択した支払い先住所に毎月支払われます。)

②「Blockchain」ブロックチェーンを選択(通常は初期設定のイーサリアムのままで大丈夫)

③「Payment tokens」支払い通貨を選択(通常は初期設定のイーサリアムのままで大丈夫)

④「Display theme」テーマ表示を選択(通常は初期設定のままで大丈夫)

⑤「create 作成」決定を選択

5)これで「collection コレクション」を作成することができました。

コレクション作成が完了したら、NFTアートを出品してみましょう。

まとめ

ABOUT ME
けーぱぱ
40代アラフォーの平凡なパパです。2020年1月から老後資金を貯めるために投資・節約・ブログをはじめた、雑記ブログなのでよろしくお願いします。