投資

【解説】SBI証券で外国株式取引(米国ETF/高配当ETF)11ヶ月をやってみた結果!!

はじめに

パパは40代アラフォーなので、「老後2000万円問題」の不安もあり、そろそろ老後の生活を考えて老後資金を貯めたいと思っています。

そのため、楽天証券では「つみたてNISA制度」を利用して投資信託をはじめ、SBI証券では外国株式取引(米国ETF/高配当ETF)をはじめてみました。

そこで、この記事では

✅ 60代定年退職まで投資を利用して老後資金をいくら貯めることができるのか過程が分かります。

✅ 老後資金の不安を解消するため、SBI証券で外国株式取引(米国ETF/高配当ETF)を利用して老後資金を貯める方法が分かります。

また、この記事は

私と同じように40代アラフォーで老後資金の不安を抱え困っている人向けに、体験をもとに簡単で分かりやすく実際の画像なども取り入れながら解説したいと思います。

パパがもっている米国ETF/高配当ETFおすすめ銘柄

今月(11月末日)

先月(10月末日)

このように、パパが保有している米国ETF/高配当ETFおすすめ銘柄は、

✅ バンガード S&P 500 ETF(VOO)損益 826,811円

先月(損益 846,024円)と比べると、-19,213円マイナス

✅ SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF(SPYD)損益 136,793円

先月(損益 158,988円)と比べると、-22,195円マイナス

✅ とりあえず、今のところはトータル損益 963,604円プラスです!

先月のトータル損益(損益 1,005,012円)と比べると、-41,408円マイナス

今月マイナスになったのは、新型コロナウイルスの変異株である「オミクロン」が発見されたことにより、世界的に経済が低迷するとの憶測が飛び交ったために世界同時株安が起こったことが原因ですね💦

パパがもっている米国ETF/高配当ETFおすすめ銘柄を解説!

米国ETFの鉄板おすすめ銘柄

✅ バンガード S&P 500 ETF(VOO)

バンガード社が提供する米国株式市場のパフォーマンスを示すS&P500指数への連動を目指すETFです。投資対象は米国大型株式が大部分を占め、米国の主要業種を代表する500銘柄で構成され、低コストのETFでもある。
簡単に言うと、バンガード S&P 500 ETF(VOO)は、米国の代表企業500社に投資できるためリスク分散が効いているローリスク・ローリターンの投資銘柄です。

米国高配当ETFの鉄板おすすめ銘柄

✅ SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF(SPYD)

S&P500®高配当指数の値動きに連動し、指数は、S&P500®指数を構成する銘柄のうち、配当利回りの上位80銘柄から構成されていている。
SPDRポートフォリオS&P 500高配当株式ETF(SPYD)は超高配当を目指すどちらかといえばややハイリスクハイリターンの投資銘柄です。

実は米国の個別銘柄も保有しています!

今月(11月末日)

✅ オートリーグループ 損益 -8,624円マイナス
オートリーグループとは、スウェーデンが本拠のオーツ麦由来ミルクを製造している企業です。
世界的にカーボンニュートラルが進行している中、今後の世界的な植物性食品需要の拡大が見込まれます。(カーボンニュートラルとは、温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させることを意味します。)
同社には米テレビ司会者オプラ・ウィンフリーさんや女優のナタリー・ポートマンさんなどの著名人が出資しています。
このようなことから、地球環境にやさしい企業ということで、パパはオートリーグループに投資することにしました。

実はアマゾンを売っちゃいました(汗)

今月(11月上旬)

米国ETFの買い方を覚えたら、どうしてもアマゾン・アップル・フェイスブック・グーグルなどの「GAFA(ガーファ)」株が欲しくなって、
悩んだ結果、Amazonプライムやショッピングで一番利用しているのが、アマゾンだったので、1株保有することにしましたが、
ただAmazonは無配当なので株価の成長に期待する銘柄ですが、成長を期待して購入しました成長が鈍いので売っちゃいました(汗)
✅ アマゾンドットコム 損益 0円(結局、収支はトントンでした!)

11月上旬に、ドル換算と円換算で若干プラスだったので、アマゾンを売っちゃいましたが、みなさん為替リスクに注意しましょうね!

為替リスクについて、例えば自分が持っている株式の損益が、ドル換算で+100ドル、円換算で-100円の場合、ドルで売ると100ドルのプラスになりますが、円で売るとー100円のマイナスになります。なので、自分は円またはドルのどちらが欲しいのか考えて売買しましょうね。

ネット証券No1のSBI証券に口座もっていますか?

老後資金を貯めるため、米国ETF/高配当ETFをはじめるには証券口座を開設しないことには始まりません。

そこで、おすすめなのがSBI証券です。

✅ SBI証券はネット証券口座開設数ナンバーワン

✅ 業界屈指の格安手数料ナンバーワン

✅ 問合せ窓口格付け、WEBサポート格付け「最高評価」

✅ 口座開設無料・口座管理料無料

\国内ネット証券No1/
SBI証券公式サイトへ

ABOUT ME
けーぱぱ
けーぱぱ
投資・ブログ初心者を対象に情報を発信中!! 底辺社員(20年)→リベ大と出会う→2020年1月知識ゼロから投資とブログ学習スタート→2年で投資利益200万円達成/ブログ収益月5桁達成!!