【解説】がん保険を解約しても大丈夫?がん保険に加入しなくても大丈夫?の質問について!!

保険解約

はじめに

どうも、Kpapaです。

 

がん保険を解約したけど「これから、がんになったらどうするの?」「二人に一人ががんになる時代なのに大丈夫?」とよく聞かれます。

 

ということで今回はこの質問について解説していきたいと思います。

 

それでは、いってみよう!

そもそも、がんになる確率って?

がん保険を解約しようとするとよく言われるのが「今の時代二人に一人ががんになるんだよ」解約しない方がいいよ!

という、保険屋さんの殺し文句がありがりますねが本当にそうなんでしょうか?

調べてみた結果、

  • 20歳の人が10年後、がんになる確率は0.3%
  • 30歳の人が10年後、がんになる確率は0.6%
  • 40歳の人が10年後、がんになる確率は2%
  • 50歳の人が10年後、がんになる確率は6%
  • 60歳の人が10年後、がんになる確率は16%
  • 一生涯で、がんになる確率は約63%(高いように思えますが・・実際は下記のとおり
一生涯で、がんになる確率は約63%と聞くと高い確率のように思いますが、年齢別の確率をみると意外に低いことに気づきます、数字のマジックですね。
  • 40歳で、約0.7%(計算例:(20歳の0.8%+30歳の0.6%)÷2=0.7% )
  • 50歳で、約2%
  • 60歳で、約7%
  • 70歳で、約20%(この年代から高くなっていますね)
  • 80歳で、約40%(この年代でも50%以下なんですね)
  • 一生涯で、約63%(だいたい90歳から100歳までが63%なんですね)

がんになった場合、5年間の生存率は?

がんになったからといって、すぐに亡くなるわけではありません。がんになる部位によって生存率が違ってきます。
  • 全部位で5年間の生存率は62.1%(がんはすぐに死ぬ病気ではないのが分かります。)
  • 前立腺で、97.5%
  • 甲状腺で、93.7%
  • 皮膚で、92.4%
  • 乳房で、91.1%
  • 肝臓で、32.6%
  • 肺で、31.9%
  • 胆のう・胆管で、22.5%
  • 膵臓で、7.7%(すいぞうヤバイですね、極端に確率が下がっています)

がん保険解約しても大丈夫?

みなさん『がん保険』はどのような時のために加入していますか?
多分、がん治療に多額のお金がかかると思っているからだと思います。
しかし、実際は下の図のように『入院費は平均24万5千円』となっています。
これでしたら、保険料を支払うよりも自分で少しずつ貯蓄して備えた方がはるかにいいと思います。
また、日本のがん保険加入率は、2019年度で42.6%であり未加入組が多数派という結果も出ています。

がん高度先進医療給付金は必要ない?

なぜ、がん高度先進医療給付金が必要ないと言えるのか、
それは先進医療とは厚生労働大臣が認める医療技術で、医療技術ごとに対象となる疾患・症状及び、実施する医療機関が限定されており
保険給付の対象が非常に狭いということです。
また、『最新がん統計』によると2013年罹患全国推計値が86万2452例であり、その中の高額医療費を必要とする
重粒子線治療と陽子線治療の年間実施件数の合計は3803件で、実際にがんに罹患してもどちらの治療も受ける可能性は0.4%と1%以下の低い数値であるためです。

まとめ

結論、がん保険は解約しても大丈夫です。

 

その代わり「万が一に備えて貯蓄する」必要がありますね。

 

それと、みなさんよく勘違いしているところが「がん保険に入ってもがんが治るわけではない」ということです。

 

つまり何が言いたいかというと、がん保険に入るより、がんにならないように予防する、生活習慣を改めることが大切だということです。

 

それなのに、お酒・たばこ・暴飲暴食して「私はがん保険に入ってるから大丈夫」では本末転倒です。

 

みなさん、がん保険に入ることが大切なのではなく、がん予防の私生活を送ることが大切だということです。

 

それでは、また!

 

[出典]平均在院日数:「平成26年患者調査の概況」(厚生労働省)・国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター「最新がん統計」

コメント

タイトルとURLをコピーしました