NFT

【解説】NFT初心者が暗号資産(仮想通貨)の口座(ウォレット)を開設する『おすすめ取引所比較!』

はじめに

小学校3年生の男の子がつくったピクセルアートが、約80万円の価格で取引されているニュースを見て初めてNFTアートというものを知りました。

そこで、小学生ができたならパパもできるのではないかと安易な考えでNFTアートを始めようと思いチャレンジしていたら、暗号資産(仮想通貨)の口座(ウォレット)を開設する取引所のところで行き詰まり悩んでいましたが、

そんな困難を乗り越えて、NFT初心者のパパでも、ついに暗号資産(仮想通貨)の口座(ウォレット)を開設することができました。

そこで、この記事では

✅ NFT初心者におすすめの暗号資産(仮想通貨)の口座(ウォレット)を開設する取引所について分かります。

また、この記事は

NFTには興味があり、暗号資産(仮想通貨)の口座(ウォレット)を開設する取引所が分からなくて困っている人向けに、簡単で分かりやすく実際の画像なども取り入れながら解説したいと思います。

この情報はネットを検索しても情報が多すぎて、どれを選んで良いのか分かりにくいと思いますので、もう一度見れるようにブックマーク・お気に入りにすると便利ですよ。

暗号資産(仮想通貨)とは?

暗号資産は、公的機関が発行したものではなく、法定通貨の裏付けがあるとも限らないが、個人や法人に支払い方法として受け入れられ、電子的に移動、保存、取引される電子化された価値のあるものと定義されています。

 

Kpapa

なので暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではなく、あくまでもインターネット上でやりとりされる電子データなんですね。それを踏まえて暗号資産の取引を行いましょうね。

暗号資産(仮想通貨)の口座(ウォレット)を開設する【NFTに必須?】

いきなり、暗号資産(仮想通貨)の口座(ウォレット)を開設?

あやしい~、こわい~と思いますよね、でも、ご安心ください。

その理由は、NFTは基本的に暗号資産(仮想通貨)のイーサリアム通貨で取引されているため、口座(ウォレット)を開設する必要があります。

なのでとりあえず口座(ウォレット)を作らないと始まらないので、早めに開設しておきましょう。

イーサリアムを取引できるおすすめ取引所比較一覧

NFTは基本的に暗号資産(仮想通貨)のイーサリアム通貨で取引されているので、イーサリアムを取り扱っている4つの取引所を比較してみましょう。

✅ bitFlyer(ビットフライヤー)

✅ DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

✅ Coincheck(コインチェック)

✅ GMOコイン

取引所 取扱銘柄数 入金手数料 出金手数料 取引手数料 送金手数料
bitFlyer 13種類 無料 220円~770円 約定数量 × 0.01 ~ 0.15% 0.005ETH
DMM Bitcoin 12種類 無料 無料 無料 無料
Coincheck 17種類 無料 407円 無料 変動手数料制
GMOコイン 14種類 無料 無料 -0.01%(Maker)、0.05%(Taker) 無料

比較の結果、DMM Bitcoin がいいですね、取引銘柄12種類で4取引所で一番少ないですが、入金手数料・出勤手数料・取引手数料・送金手数料のすべてが無料でコスパ最強です。

なお、口座開設は日本最大級のASP A8.net に無料会員登録してからがお得です!なぜなら、A8.net に登録するとセルフバック(自己アフィリエイト)で

✅ 【bitFlyer】なら、新規口座開設完了で5000円もらえる
(最短即日口座開設)

✅ 【GMOコイン】なら、新規口座開設完了で2000円もらえる
(最短10分で口座開設)

✅ 【DMM Bitcoin】なら、新規口座開設完了で2000円もらえる
(最短1時間で口座開設)

口座開設(ウォレット)は無料なので、もし、3つ口座開設するだけで、合計9000円がセルフバックでもらえちゃいます!

\ ASPサイト国内No.1 /
A8.netの無料会員登録へ

まとめ

[affi id=75]  [affi id=75]

ABOUT ME
けーぱぱ
40代アラフォーの平凡なパパです。2020年1月から老後資金を貯めるために投資・節約・ブログをはじめた、雑記ブログなのでよろしくお願いします。