パパの節約!身近にできる銀行選び(ネットバンク口座管理・振込手数料比較)

節約

景気低迷、不況、不当解雇、リストラ、株価暴落、会社倒産、政治不安と最近の日本経済最悪な状態ですね。

パパの職場でも不景気(デフレ)の影響を受けており、倒産やリストラの恐怖の中、ビクビクしながら仕事をしております。

いつか来る、離職・退職・無給時代に備えて今から節約して貯蓄しなければと思っております。

さて、今回の節約は身近にできる節約で銀行選びです。

この不況の影響か、パパの通帳は10万円未満の残高を見事にキープしております。(汗)

そこで10万円未満の残高で、口座管理手数料、同行振込手数料、他行振込手数料を比較して表にしてみました。

銀行名 順位 格付 口座管理
手数料
ネット振込手数料
同行宛て 他行宛て
3万円
未満
3万円
以上
3万円
未満
3万円
以上
住信SBIネット銀行 1位 ★★★ 0円 0円 0円 3回無料
0円
3回無料
0円
新生銀行 2位 ★★ 0円 0円 0円 1回無料
0円
1回無料
0円
楽天銀行 3位 ★★ 0円 0円 0円 (*)3回無料
160円
(*)3回無料
160円
りそな銀行 4位 0円 0円 0円 100円 100円
ソニー銀行 5位 0円 0円 0円 210円 210円
東京スター銀行 6位 0円 0円 0円 315円 315円
住友信託銀行 7位 0円 0円 0円 210円 420円
三井住友銀行 8位 0円 105円 105円 210円 420円
みずほ銀行 9位 0円 105円 210円 210円 420円
ジャパンネット銀行 10位 189円 52円 52円 168円 262円
三菱東京UFJ銀行 11位 315円 0円 0円 210円 315円
シティバンク銀行 12位 2,100円 0円 0円 260円 260円


表にすると一目瞭然、住信SBIネット銀行 と新生銀行 の2行がいい感じですよね、

 

口座管理手数料が無料同行宛手数料が無料で、なおかつ他行宛て振込が毎月一定回数無料となっています。

ちなみに、表には載っていませんが、ゆうちょやコンビニのATMが無料で利用できて、いたせりつくせりです。

(*)給与振込口座に指定すると対象になる楽天銀行 もいい感じです。

他はどんぐりころころ、どんぐりのせいくらべかな。

 

(補足説明)他行あて振込手数料無料化条件(月)

住信SBIネット銀行 :3回/無条件

 

 ・新生銀行
1回 /無条件
5回 /残高200万円or投信・外貨預金30万円
10回/残高2,000万円or投信・外貨預金300万円or住宅ローン

 

 ・楽天銀行 :3回/給与振込先に指定

コメント

タイトルとURLをコピーしました